カシスJの部屋

 

カシスJの部屋

 

 

 

 

 

カシスJ「カゲプロアニメ化おめでとうございます」

 

エネ「ありがとうございます!

 

シンタロー「どうも」

 

カシスJ「ってなわけで今回はアニメメカクシアクターズが4月にあるということでエネとシンタローをお呼びさせてもらいました。」

 

エネ「これアニメの話をする場なんですか?」

 

カシスJ「いえ、雑談です。」

 

シンタロー「俺いる意味ある?」

 

カシスJ「多分。」

 

エネ「じゃあどうゆう雑談を?」

 

カシスJ「まぁいろいろまずよく見かけるカップリングについて」

 

シンタロー「は?」

 

カシスJ「いやー私腐女子ですしw

 

エネ「ハァ」

 

カシスJ「シンエネなのかシンアヤなのか」

 

エネ「あーー」

 

シンタロー「カシスJはどっち派?」

 

カシスJ「シンアヤ派とカノシン」

 

シンタロー「カノシンって何だ?」

 

エネ「カノさんがご主人を押し倒したり壁ドンしたり」

 

シンタロー「やけに詳しくないか」

 

カシスJ「エネちゃんはカノシンそれともシンカノ?」

 

エネ「ご主人は受けでしょ」

 

カシスJ「だよね!!

 

シンタロー「変な話で盛り上がるのはやめろ」

 

カシスJ「えへ☆仕方ないじゃん」

 

エネ「セトシンも美味しくないですか?」

 

シンタロー「そろそろ黙れ(^言^)」

 

カシスJ「すみません、では今回のゲストはシンタローとエネでしたさよなら♪」

 

シンタロー「じぁ///

 

エネ「ご主人何照れてるんですかw

 

シンタロー「照れてねーよ!